横浜駅きた通路

きた通路は、横浜駅の最も東京よりの東西連絡通路です。この通路の東口側「きた東口A」がアート縁日会場への最寄りの出入口になります。今、きた通路には写真のようなアート縁日ポスターが貼り出されています。

きた通路

宮川香山 真葛ミュージアム

ポートサイド公園正面入口を背に横断歩道を渡ったところに「宮川香山 真葛ミュージアム」があります。わが 国有数の眞葛焼コレクタター であり「 世界に愛されたやき ものMAKUZU WARE 眞葛焼 初代 宮川香山作品集」の著者でもある山本博士さんによる コレクションが展示されている小さなミュージアムです。

こちらが、今年もスタンプラリーのスタンプ設置場所にもなります。2日目(10月7日)は押印時間が午後4時までとなりますのでご注意ください。

makuzu

真葛ミュージアムwebサイト:http://kozan-makuzu.com/

お部屋をあたためる

お部屋をあたためる小さな「陶こもの」で
12番ブースにご出展のkuuさんからメッセージです。

「置いてラッキー使ってハッピーな『手びねり陶こもの』
どうぶつ縁起ものを陶で制作しております。kuuのどうぶつたちが皆さまの福の素となりますように!」

kuuコーヒーネコ

小さいから「陶こもの」なのに、ホッとする空気がお部屋いっぱいに広がります。

マリンバ×マリンバ×パーカッション

アート縁日ミュージカルブッフェ、最後のステージ(7日15時30分開始予定)を飾るのは岩崎りえさん(マリンバ)、大熊理津子さん(マリンバ)、大江雅子さん(パーカッション)による女性ばかりの打楽器トリオの演奏です。

岩崎りえ岩崎りえさんは埼玉県立伊奈学園総合高等学校芸術系(音楽専攻)に進学され。同校吹奏楽部に入部。在学中、全日本アンサンブルコンテスト金賞を受賞され、96年、武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科へ入学された方。現在は「私の頭の中の消しゴム アナザーレター」テーマ音楽(インターネットTV Gyaoにて放映)やTVアニメ「少年陰陽師」(テレ玉)キャラクターソング「風雅に響く詩を聴け」、TVアニメ「ボノロン」音楽などの映像音楽に参加されるなど、クラシックだけにとどまらず、様々なジャンルのコンサートを繰り広げる一方、スタジオミュージシャンとしての活動も精力的に行っていらっしゃいます。

大熊理津子大熊理津子さんは02年、桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。優秀者による卒業演奏会に出演。01年インターナショナルマリンバコンクール(ベルギー)セミファイナリスト。第3回マリンバコンクール(ドイツ)ファイナリスト。04年同大学研究科修了。同年6月にスロヴェニアで開催されたインターナショナル・マリンバコンチェルト・コンペティションにて優勝されています。ニューヨーク・カーネギーホール、ポーランド・ショパン音楽院、ハンガリー・バルトークホールなど、アメリカ各地、ヨーロッパ、中南米、アジア各地等海外公演も多数行う。CD「全速力ウーマン」(’09)、「Gold’n Bear」(’11)をリリースされています。
その他レコーディングなど幅広い現場で精力的に活動する傍ら、母校の音楽科講師を務め、後進の指導にもあたられています。

大江雅子大江雅子さんは、武蔵野音楽大学器楽学科打楽器専攻を卒業。
大学卒業後,ミューゼシード主催新人オーディションに打楽器アンサンブルにて合格。「ハーティーコンサート」に出演。第三回ルーマニア国際音楽コンクール入賞。オーケストラ演奏,アーティストのライブサポートやレコーディング,各種イベント出演などクラシックからポップスまでジャンルを問わない活動の他、東京都を中心に,各中学高校の吹奏楽部打楽器トレーナー等の後進の指導にもあたられている方です。

素敵な女性演奏家の魅力的がどんな化学反応を起こすのか。当日が楽しみです。

 

ひかりの街づくり

12月の中頃になると、ポートサイド地区に住む、働く、学ぶ、そして訪れた人々によって描かれた小さな短冊をつけたペーパーランタンの灯りがヨコハマポートサイド地区の夜を静かに照らします。これは「アート&デザインの街づくり」を開発コンセプトにしているポートサイド地区の、この街に「住み、働き、学び、そして訪れる人々」ひとり一人がアーティストに、という願いを込めた「ひかりの街づくり」というイベントです。

portside-hikari2

アート縁日では特設コーナーを設けて、このペーパランタンにつける短冊づくりワークショップを開催します。ここはスタンプラリーの押印ポイントにもなっており、また、短冊づくりに参加すると景品の「クッキーひとつ」オマケ・スタンプももらえます。「私が描いた」がポートサイドという街の冬に灯りをともす…ぜひ参加してみてください。

コワーキングスペース Bangarrow

1階アトリウムでアート縁日が行われているycsビル。
コワーキングスペースBangarrow(バンガロー)は、このycsビルの16階にあります。アート縁日当日はスタンプラリーのスタンプ設置ポイントになっています。
ビル中央部にあるエレベーターホールからエレベータに乗って16階へ。ycsビルのエレベーターは2系統に分かれていて、横浜駅方向を背にして(トイレの方向を向いて)右手側のエレベーターだけが16階に向かうものになります(左手側に乗ってしまうと16階へは行けません。お気をつけください)。
当日、Bangarrow(バンガロー)さんでは、アート縁日と同日開催でワークショップ・イベントを開催されているようです。こちらも楽しんでいただければと思っています。
バンガロー

初参加の

25番ブースで初参加のrr handmadeさんからメッセージです。

DSC_0296「レジンやビーズを使ったアクセサリーや小物を製作しています。キッズ向けのイヤリングも連れていきますので、色々な年代の方にお手にとって頂けたら嬉しいです。
初参加なのでドキドキしていますが、どうぞよろしくお願い致します。」

アート縁日 あたたかい場所です。
rr handmadeさんも「アート縁日」の時間を楽しんで…

今年の景品

さて、スタンプラリー。今年の景品は「横浜菓子物語ミルククッキー」、野口雨情作詞(本居長世作曲)の童謡「赤い靴」の女の子にちなんで、靴の形を浮き彫りに焼いたクッキーです。

名称未設定-1ご承知のように「赤い靴」2番の歌詞には「横浜のはとば(埠頭)からふね( 汽船)に乗って 異人さんにつれられて 行っちゃった」という一節があります。山下公園には、この歌詞にちなんだ女の子の像が設置されています。クッキーには「赤い靴」の意匠があしらわれ、テイストは昭和な時代を彷彿とさせる素朴な味わいのもの。懐かしいミナト横浜を思い出させてくれます。

このクッキーを3ヶ所回って1枚(ycsビルの中だけで3ヶ所のポイントがあります)。6ヶ所をコンプリートして4枚。さらにycsビルで行われている「ひかりの街づくり」ワークショップに参加すると1枚おまけ。ワークショップ参加も含めると、全部で5枚のクッキーが。

milkcookies_imgアート縁日を楽しんで、ポートサイド公園など地区内を散策。そして懐かし美味しいクッキーを。景品の引き換えはycsビル1階アトリウムにある「案内所」にて。みなさんのご参加をお待ちしています。

なお、7日=最終日、ycsビル内のスタンプポイント以外のmyXさん、真葛ミュージアムさん、風魔さんのスタンプ押印時間は午後4時までです(風魔さんは開始時間も両日とも午前11時から)。ycs内の3ヶ所のポイントと景品の引き換えは午後5時まで行います。